• ニキビができやすい
  • 皮脂が多い
  • 毛穴の黒ずみが気になる
  • 肌がゴワつく
  • 季節の変り目に肌が荒れる

敏感肌・トラブル肌に足りないのは
肌のバリア機能」なんです

実は、肌トラブルの約8割は、
肌のバリア機能」を整えることで
解決できるんです

健康な肌とは「肌のバリア機能」がきちんと働いている肌のことで、水分を含んだ肌の角質層「細胞間脂質」という天然の油分でしっかり密着し、その上を厚さ0.5ミクロンの薄い「皮脂膜」が覆って乾燥を防いでいます。
肌のバリア機能」が整うと、紫外線、花粉などの外的刺激に負けにくく、肌が乾燥したり、肌を守ろうと余計な脂を出したりすることもありません。

敏感肌・トラブル肌の
「バリア機能」を守るためには
石鹸で洗うことが大切だと考えます

「肌が弱いから洗顔は水やお湯だけですませている」という人がいます。でも「肌のバリア機能」を壊して肌荒れの原因となるさまざまな細菌などは、水やお湯だけでは落とされません。本当は、肌が弱い人ほど石鹸で清潔に洗う必要があるのです。

石鹸が苦手な人でも
ストレスなく使えるように

なるべく刺激を避けたい敏感肌・トラブル肌。100%植物由来洗浄成分※を使用し、シンプルな成分でつくられた固形石鹸なら、肌に余分な負担をかけません。でもやっぱり「泡立てが面倒」「ゴシゴシこすりたくない」と感じる人も多いと思います。そこで肌〇ナチュラルフェイスソープは、たった5秒でしっかり濃密な泡ができて、こすらず肌に泡をのせるだけで汚れが落ちるように研究してつくりました。石鹸が苦手な敏感肌・トラブル肌の人にこそ使ってほしい石鹸です。

*洗浄成分の主となる部分が100%植物由来

濃密泡がすぐにできるのは
ソープナッツエキスと
コーンスターチのおかげ

ナチュラルフェイスソープは、“石鹸の実”と呼ばれる天然の洗浄成分「ソープナッツエキス」と、保湿成分「コーンスターチ」を配合することで、モチッと弾力のある泡がつくれるようになっています。付属の泡立てネットを使えば、驚くほど速くモコモコ泡が出現!

少しの石鹸でたくさんの泡がつくれるということは、肌に触れる成分が少なくてすむということ。これも、肌にやさしい理由です。

*洗浄成分の主となる部分が100%植物由来

炭と粘土が
毛穴の汚れをやさしく吸着

泡でマッサージするように洗うことでさえ、 刺激が気になる敏感肌・トラブル肌のために。

ナチュラルフェイスソープは、多孔質の「」と微粒子粘土「 ベントナイト」を配合し、毛穴の奥の汚れや古い角質、皮脂を やさしく吸着できるようにしています。

「2つの保湿成分が
粘着力を高めて刺激を少なく

ヒトの肌の細胞膜にも含まれる「リン脂質」をモデルにつくられた、敏感肌にもやさしい保湿成分「リピジュア(R)」と、肌になじみやすい水溶性の保湿成分「トレハロース」を配合。

水分を含んで「コーンスターチ」や「ベントナイト」の粘度が高まり、肌にしっかり密着して汚れを吸着します。潤いを与えながら洗えるので、刺激を与えにくいのもメリットです。

すすぎ残しがあっても、
肌の負担になりにくい

ナチュラルフェイスソープは弱アルカリ性酸性である皮脂汚れを中和してやさしく落とします。

さらに、たとえ肌に見えない泡の成分が残ってしまったとしても、弱酸性に戻ろうとする肌の力(中和能)で、洗浄力を失った脂肪酸に。合成界面活性剤のように洗浄しつづけて、「肌のバリア機能」を壊すことがありません。必要以上にゴシゴシと洗い流す必要がないということは、肌に刺激をあたえにくいということでもあります。

石鹸のほとんどを占める素地は、
酸化させないことが重要

石鹸の80~99%を占める石鹸素地は、石鹸づくりでいちばん大切な原料。だからナチュラルフェイスソープは、素地のもととなるパームヤシ油を酸化させないことにこだわっています。空気に触れたり高い熱が加わったりして酸化すると、刺激となりえるさまざまな物質が発生するからです。

パームヤシの収穫、油の抽出、精製して不純物をカットする工程までを、すべて生産現地でおこなうことで、パーム油の輸送時に起こる酸化を予防
また石鹸を練る工程においても、40℃以上の熱が発生しないようにローラーの回転数を

微調整するなど、独自の低温製法で酸化から守っています。新しい設備で細心の注意を払いながら製造しています。

独自素地と組み合わせて、
誰でも使える低刺激な石鹸に

パームヤシ油からつくった刺激の少ない素地と、泡立ちのいい素地をブレンドすることで、敏感肌・トラブル肌、赤ちゃんからお年寄りまでみんなが気持ちよく使えるオリジナル石鹸素地ができました。

石鹸のほとんどを占める素地は、
酸化させないことが重要

石鹸の80~99%を占める石鹸素地は、石鹸づくりでいちばん大切な原料。だからナチュラルフェイスソープは、素地のもととなるパームヤシ油を酸化させないことにこだわっています。空気に触れたり高い熱が加わったりして酸化すると、刺激となりえるさまざまな物質が発生するからです。

パームヤシの収穫、油の抽出、精製して不純物をカットする工程までを、すべて生産現地でおこなうことで、パーム油の輸送時に起こる酸化を予防
また石鹸を練る工程においても、40℃以上の熱が発生しないようにローラーの回転数を

微調整するなど、独自の低温製法で酸化から守っています。新しい設備で細心の注意を払いながら製造しています。

肌〇 ナチュラルフェイスソープの使用方法

Step1
泡立てる
泡立てネットに水またはぬ るま湯を少し加え、たっぷ りと空気を含ませて、キメ の細かい弾力のある泡を作ります。
Step02
泡をお顔にのせる
お顔全体にやさしく包み込むように、のせてください。
Step03
しっかりすすぐ
生え際やフェイスラインのすすぎ残しに注意してしっかり洗い流してください。

気持ちよくお使いいただくために

肌〇はキャリーオーバーの成分まで、
すべての情報を開示しています

「肌○」のリピートユーザーは、お肌が敏感な方、乾燥などさまざまな肌トラブルでお悩みの方、お子さまも一緒にご家族で使ってくださっている方が多いのが特長です。 

だから「肌〇」は、原材料にあらかじめ含まれていたら表示する義務がないとされる「キャリーオーバー※」の成分まですべてみなさまにお伝えすることで、気持ちよく使っていただけるようにしています。

ご自身のお肌に合わないものが入っていないかをご確認いただき、成分の内容で気になるものがありましたらお気軽にお問合せください。

アクアモイスチャーゲル全成分※キャリーオーバー含

  • グリセリン
  • BG
  • スクワラン
  • ホホバ種子油
  • ツバキ油
  • シロキクラゲ多糖体
  • ラウロイルグルタミン酸ジ
    (フィトステリル / オクチルドデシル)
  • オレイン酸コレステリル
  • コレステロール
  • セラミド NG
  • セラミド NP
  • セラミド AP
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • 加水分解コラーゲン
  • ジグリセリン
  • カルボマー
  • 水添レシチン
  • グリチルレチン酸ステアリル
  • アラントイン
  • コンフリー葉エキス
  • ダイズステロール
  • 水酸化 K
  • ペンテト酸 5Na
  • フェノキシエタノール
  • メチルパラベン
  • トコフェロール
  • ※PH値 6.5

※キャリーオーバーとは
たとえば化粧品製造会社は、この「○○エキス」という原材料を化粧品原料会社から購入して配合しますが、配合時に新たに加えたものでないかぎり、あらかじめ原材料に入っていた品質保持の成分でありラベルに表示する義務はありません。
このように原材料にあらかじめ含まれている成分のことを「キャリーオーバー」と呼びます。「〇〇を一切、使っていない」という記載があっても、ラベルに表示されていないキャリーオーバー成分がないかどうかもチェックする必要があります。

ナチュラルフェイスソープ

  • お近くの取り扱い店舗を探す
  • お電話でのご注文はこちら
  • 楽天市場からのご購入はこちら
  • アマゾンからのご購入はこちら
  • YAHOOからのご購入はこちら
  • STORESからのご購入はこちら

ご購入は、全国の取り扱い店舗、または、Webサイト・インターネット、お電話からどうぞ。